診療時間
9:00~13:00
15:00~19:00

TEL:047-441-3322

〒273-0107
千葉県鎌ケ谷市新鎌ヶ谷1-11-20
メルベーユ新鎌101

コーヌス義歯

  • HOME
  • コーヌス義歯

コーヌス義歯について

義歯のモデル

コーヌス義歯とは、残っている歯に金属冠を被せ、その上から入れ歯を装着するタイプの人工の歯(補綴物)です。
通常の部分入れ歯のように、バネで他の歯に維持を求めるような形式ではなく、残っている歯に内冠という冠を被せることにより、義歯の内部に作られた外冠と装着時に一体化するような構造になっています。

この構造によって、義歯と残っているご自身の歯が「一体化した固定装置」となり、補綴物をしっかりと支えることが可能になります。

コーヌス義歯のメリット

  • ものを噛む能力が高く、クラスプ(バネ)が必要ないので見た目も非常に優れています。
  • 義歯でも自分の歯に近い感覚でものを食べられます。
  • 義歯全体を小さくすることが可能なため違和感が少なくなります。
  • 将来的に残っているご自身の歯がだめになった場合でも、多くの場合、修理で対応が可能です。その場合、新たに義歯を作製する必要が生じません。
  • 土台となっている歯は、とてもシンプルな構造になっているため歯磨きもしやすく、清掃性に優れています。したがって、歯周病になりにくく、ご自身の歯が長持ちします。
  • 横揺れの力がなくなるため、土台となるご自身の歯の負担がクラスプと比べて遥かに軽くなり、また、虫歯にもなりにくくなるため、ご自身の歯が長持ちします。
  • ご自身の歯、1本1本にかかる力が均等化され、歯に無理な力が掛からなくなるため、ご自身の歯が長持ちします。
  • 義歯がほとんど動かないので、土台となるご自身の歯のみならず、義歯が直接載っている歯茎や顎の骨が大きくやせることがありません。従って、痛みや違和感がなく、よく噛むことができ、長期に渡る使用が可能です。

コーヌス義歯のデメリット

  • 土台の歯が健康だったとしても削る必要があります。
  • 残念ながら健康保険の適用ができません。

コーヌス義歯の導入に関して

診察室

コーヌス義歯システムは、「見た目が良い」「機能的にも優れている」という理由から、入れ歯に変わる画期的な方法として注目されてきました。
しかし、「高度な技術が必要だったこと」「作製できる歯科技工士が少なかったこと」「作製に莫大な費用が掛かったこと」の3点がネックとなり、 扱える歯科医院が減少し、今では全国的にも少数の歯科医院でしか行われない処置となってしまっております。
当院では、技術的な面においても、技工的な面においても、精密で、費用を抑えたコーヌス義歯を提供し続けております。